女性だらけの美容機器販売会社で働く丸顔副社長・陽田(ようた)のブログ

女性だらけの美容機器販売会社で働く丸顔副社長:陽田(ようた)のブログ。コラーゲンマシーンが好きな人同士のコミュニティ、アイラブコラーゲンマシンの中の人。【好きなこと】:通信機器(Apple製品)、ゴルフ、ドラマ(朝ドラ・大河ドラマ)、牧のうどん(福岡)を綴っています。

さらけ出す!ってそんないい事があるのか!

明日は、フロリダ族・ステップアップコース第2期生が誕生します!


フロリダ族とは?
マーケティングコンサルタント勝村大輔さんの塾のことです。
(↓詳細はこちら)

www.marketinglabo.jp

 
そして、ステップアップコースとは?
その中からワンランク上の、セルフブランドをブラッシュアップする6回コースの塾のことです。
 
1期生のぼくたちは8月11日が卒業式です。
幼稚園の時の学習発表会のような、卒業式セミナーをしますので、ぜひ都合をつけて来てくださいね。
※ちなみに参加費無料です。
 
 

明日はステップアップコース第2期生の一講目

卒業前ですが主宰のかっちゃんにお願いして、2期生のオブザーバーで入らせてもらうことにしました。
 
f:id:wifi78maru:20150706205158j:image
《1月27日:第1期生の一回目の時の様子》
この時に初めて会った人もいて、キンチョーしてたな〜。みんなもどこか表情固いよね。
 
半年前に誕生した第1期生、ぼくは1期生の中では劣等生だった。
自分自身でそう思っています。
第1期生のメンバーは、みんな優しいので
『そんなことないよ〜』とか、
『凄いよ〜』と言ってくれますが、
劣等生と思った理由は、しばらく自分をさらけ出すことが出来なかった。
と言うか今思えば、恥ずかしさが壁を作っていた部分があった様に感じます。
 
素直な族員たちは、かっちゃんのアドバイスをスグに実践して、結果を出して行きました。
3月には60名以上のお客さんに講演デビューした族員も誕生。
 
かっちゃんは『好きなこと=恥部やフェチという要素がある。』という自論を展開されるのですが、最初この本当の意味が理解できなかったんです。
 
最後までわからなかったのは、ぼくかも?
 
自分で言うのもなんですが・・・フロリダ族1期生って結束力が強いんですよ。
6回コースなのに、この半年でメンバーと集まる機会があったのはその3倍ぐらい。
みんな、かっちゃんのサポーターだから、SNS教習所もフロリダ族セミナーも1期生のメンバーが自ら手伝いました。
 

自らお手伝いしたくなるのってなんでだろ?って紐解いてみた

セミナーに来てくれた人がみんな喜んでくれるから、手伝うことで自分たちが喜ばせている、そんな感覚になれるからかも?って思ったんです。

誰かが喜んでくれることにワクワク感があって、だからどうしても手伝わずにはいられなくなる。
 
今回オブザーバーを願い出たのもそんな感じ。
やりたいと思ったのもそうだし、自分自身ももっともっとブラッシュアップしたい!そう思ったんです。
だから、第2期生とも一緒に学べたら良いなぁ〜。そんなふうに思っています。
 
お手伝いは、やりたい!と思った人がやればいい。
やりたくないとか、そんな暇な〜いという時は、それは伝わっちゃうからやらない方がいいと思うんです。
 
話を戻しますが、そんな結束力の強い1期生ですから、メンバーがぼくの恥部を引き出すのに何回も何回も付き合ってくれました。
朝早く集まる時もあったし、夜遅くまでかかった時もありました。
だからね、フロリダ族1期生のみんなから大きな気付きを貰ったと言っても過言ではないんです。
 
それに気付いた不思議な体験をしたのですが・・・
『こんな情けないこと言ったって誰も興味なんかないんじゃないか?』
『ホントは、ロクでもない人間なのに、思ってることを言って嫌われたくない。』
そう思うことがあった。
 
でもね、さらけ出すために、思っていたことを話ししたときに、明らかに興味を示して聞いてくれた、みんながいたんです。
あの時の感覚はどういう表現が合うんだろう。
目を丸くしくれたと言うか、少し前のめりになってくれたと言うか、ウンウンって心から頷いてくれたと言うか、我が子を思う親の目で見てくれたというか、とにかくなんか空気がフワッと変わる感じです。
 
なんかね、思いっきり『共感』って体験をした感じがしたんです。
あ、コレがかっちゃんのいう『恥部をさらけ出す。』ってことか!?って思いました。
 
もちろん、伝える方法やテクニックも学びますが、第2期のみなさんに何か一つだけメッセージを送るとしたら、明日はこんなことをアドバイス出来たらなぁ〜って思った、ステップアップコース2期生誕生の前夜でした。
 
あ、24時過ぎた。
朝早いから寝よ〜。
それでは、明日もブログ更新できることを自分に願って、また〜。